TOP

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科国際マネジメントサイエンス専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

国際マネジメントサイエンス専攻は、社会的責任を果たし、地球市民として活動する、国際マネジメント分野の創造的研究者を育成することを目的とする。

3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定?学位授与の方針)

    ■知識?技能
    国際マネジメントの専門分野に関する先進的理論?事例を修得している。

    ■思考力?判断力?表現力
    ?国際マネジメント分野に関する独創的?先進的な研究テーマの設定ができる。
    ?国際マネジメント研究に必要とされる先端的な分析能力を修得している。
    ?国際マネジメント研究に必要とされるコミュニケーション能力を修得している。

    ■意欲?関心?態度
    国際マネジメント研究に必要とされる経営倫理とグローバルな視野を修得している。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

    ■知識?技能
    国際マネジメントの専門分野に関する先進的理論?事例を指導する。

    ■思考力?判断力?表現力
    ?国際マネジメントの問題発見能力及び問題解決能力に必要な定量的?定性的方法を指導する。
    ?国際マネジメント研究に必要とされる能力を修得するべく指導する。
    ?国際マネジメント研究に必要とされるコミュニケーション能力を修得するべく指導する。

    ■意欲?関心?態度
    研究者倫理とグローバルな視野の修得に向け指導する。

  • アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

    ■知識?技能
    国際マネジメントを学ぶための教養と基礎知識を習得している。

    ■思考力?判断力?表現力
    ?自らの研究課題を設定し、解決することができる。
    ?論理的に物事を考えることができる。
    ?自らの意思を的確に表現することができる。
    ?豊かな創造性を持って研究を行うことができる。

    ■意欲?関心?態度
    ?グローバルな視野を持って研究を行う意欲がある。
    ?研究者としての責任を果たす意欲がある。
    ?組織のリーダーとしての役割を果たす意欲がある。