TOP

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学院会計プロフェッション研究科プロフェッショナル会計学専攻博士後期課程の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

会計専門職の研究?教育対象である、会計?監査及び税法の基幹科目とその関連科目に関する理論?基準と制度及び実践についての、高度の職業倫理を備えた会計プロフェッションの教育及び研究の指導者を養成することを目的とする。

3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定?学位授与の方針)

    ■知識?技能
    会計?監査及び税法並びに関連分野について、理論?基準?制度及び実務に係る高度な知識を習得しているとともに、適切な研究方法を習得している。

    ■思考力?判断力?表現力
    会計?監査?税法に関する研究論文において、独創性、理論と実践との関係性、国際性の観点から、論理的又は実証的な研究能力を有するとともに、学術誌又は学会等で研究を発信している。

    ■意欲?関心?態度
    会計プロフェッションとしての職業倫理と会計マインドを身に付け、研究者又は実務者として指導能力を有している。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

    プロフェッショナル会計学専攻の人材育成目的の達成のため、幅広い会計学領域について高度の質と内容を持つ研究に対応する教育として、下記のような教育課程を編成する。 
    ?博士論文研究のアドバイスを行う研究指導演習を設ける。
    ?幅広い分野に関する研究手法を習得するためのコースワーク科目(アカウンティングリサーチメソッド)を設ける。

    この他、指導教員以外から適切な指導を受けること及び論文作成の進捗状況を把握することを目的として博士学位中間報告及び学位申請論文報告会を設ける。

  • アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

    ■知識?技能
    会計学領域(監査、租税、関連制度を含む)に関して修士レベルの学術的知識又は実務的知識を有している。

    ■思考力?判断力?表現力
    会計領域に関して修士論文又はこれに代わる研究業績があり、理論的思考力及び論述能力を有している。

    ■意欲?関心?態度
    学位を取得し、研究者を目指す、公認会計士等の実務者として高度な会計知識を求める意欲を有している。