TOP

青山学院大学 学長?副学長就任式を挙行

NEWS

SCHEDULED

2019.12.16

TITLE

青山学院大学 学長?副学長就任式を挙行

CATEGORY

2019年12月16日(月)、本部礼拝堂において「青山学院大学 学長?副学長就任式」が塩谷直也大学宗教部長の司式により執り行われました。

大島力学院宗教部長より祈祷が捧げられた後、就任にあたっての「誓約」が、山本与志春院長、塩谷大学宗教部長、そして新しく学長に就任する文学部史学科 阪本浩教授、副学長に就任する社会情報学部社会情報学科 稲積宏誠教授、専門職大学院会計プロフェッション研究科 小西範幸教授、国際政治経済学部国際経済学科 内田達也教授により行われました。

続いて、山本院長から、新学長?副学長の経歴、専門の研究について紹介が行われた後、第19代学長に就任した阪本学長から、就任の抱負が述べられました。

第19代学長に就任した阪本学長より、「就任式が進むにつれて、私の頭の中は、Providentiaという言葉でいっぱいになってきました。私は凡庸な歴史教師です。大学改革が求められる、変革の時代に最も相応しくない人間です。100年前にも同じような古典古代史を教える、同じような教師がいたと思います。そのような平凡な教師が、この変革の時代に学長に就任するとは、普通に考えれば理解できないでしょう。これは、Providentia 神の摂理、人知を遥かに超えた御計画の一部としか考えられません。そう信じて、迷わず前進いたします。目指すところはただひとつ、「建学の精神の堅持」「学問の自由の擁護」です。すなわち、145年の歴史と伝統が作った、自由な校風を守り、「キリスト教信仰にもとづく教育」という理念を、すべての教員、すべての職員、すべての学生が共有できるようにして行きたいと思います。そのために、一日いちにちを、一人ひとりを大切にして、日々の仕事に励んでまいります。」と就任の抱負を述べました。

引き続き、稲積副学長(学務及び学生担当)、小西副学長(総務担当)、内田副学長(広報及び将来構想担当)から、就任の抱負が述べられました。

最後に、堀田宣彌理事長から祝辞が述べられ、大島学院宗教部長の祝祷をもって就任式は終了しました。

関連情報